最近の記事

2009年10月24日

見本となる人は?

ものごころついたときから、

お寺に通ってご住職のお話を聞くことが好きだったのですが、

そのお話のなかでよく出てきた言葉が

「人に対する思いやり」でした。

 

今でもまだまだ子供ですが、

でも、今よりもっと子供で、

純粋な気持ちを持っている年代の時に、

こういった素晴らしいお話を聞き続けることができたということは、

本当に良かったと感じるようになり、

自分の日常にいろいろ照らし合わせて

考えることもおおくなってきました。

 

先日、読んだ本に書いてあったのですが、

真の思いやりや愛情とは

「相手に合わせる」

ことなのだそうです。

 

 

その言葉を見たとき、

ふと、二人の人生の先輩の女性を

思い出しました。

 

 

一人は、

心配であれこれ口を出すタイプで、

「あんたたちの世代は、わがままな子ばかりで、

そんなんじゃだめだわ」

と言葉にし、あれこれやってくれる女性。

 

 

そしてもう一人は、

普段はまったく口出しせず、手も出さず、

間違いや失敗、迷っているときに

さっと手をさし伸ばしてくれる女性。

 

 

私とは年齢が離れた二人ですが、

ほぼ同じ年齢です。

 

 

ふと、

「相手に合わせる」ことの意味と、

「思いやり」について再び考えさせられ、

自分を振りかえって

反省してしまいました。

 

 

 

キレイな方の美容と健康に関しての情報はこちら★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファイブ ブログランキング


こちらにもあります☆★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ



posted by 実花 at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。