最近の記事

2009年08月23日

水牛車:竹富島

竹富島では水牛にもトライ!

水牛は昭和初期に台湾から農耕のために
石垣島に渡ったのがはじまりなのだそうです。
(最も多かった昭和30年頃には各農家に一頭いたそうですよ^^)

時代が進むにつれ、
農家に水牛が必要なくなってきた流れで、
水牛車がうまれたそうです。

水牛車を引くには2〜3歳くらいから調教し、
早い水牛は半年で水牛車を引くことができるようになります。

寿命は30年ほど。
現役で牛車を引くのは15年〜20年間位なんだとか。

現地の方が、沖縄民謡安里屋ユンタを披露してくれます。

ゆっくり、のんびり・・・

たった一人で7人の大人をのせて丁寧に

町を案内してくれるのが、花ちゃん(女性)です。

島の風景は情緒あふれ、自然の景色や、
町の人たちをみると、なぜか安心を感じる。

色とりどりの花がきれいでした。

暑い中、はなちゃんおつかれさまでした。

 

キレイな方の美容と健康に関しての情報はこちら★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファイブ ブログランキング


こちらにもあります☆★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ




posted by 実花 at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹富島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。